血液をサラサラにする効果はEPAのほうが高い

 

血中の中性脂肪濃度もしくは悪玉コレステロール濃度が高くなって血糖値が上がると、血液は粘性を増加してドロドロの状態になってしまいます。

 

「血液ドロドロ」の状態を「サラサラ」にしてくれる効果の高い「EPA」の摂取が効果的といわれていますが、動脈硬化や高血圧症などを予防するためには、「EPAとDHA」2つの成分が大切で、その働きにはそれぞれの役割があるといわれています。

 

DHAとEPAの違い

 

DHAには、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする働きによって、血流を促進させます。

 

一方のEPAには高い血小板凝集抑制作用によって血栓をつくらせないことにより血流をよくしますので、血栓を防いで血液の流れを潤滑にする効果はEPAが効果的だといわれています。

 

神経系に働きかけるのはDHAだけなので「DHAとEPA」は、摂取してから小腸に吸収されて肝臓を通り血液に入ります。そして、DHAは神経系の細胞の成分になりますので、血流に乗って脳まで送られていくそうです。

 

脳の入り口には血液脳関門というものが存在していて脳に必要な物質とそうではないものをわけているのですが、DHAはこの関門を突破できる数少ない成分のひとつとされています。

 

何より記憶力や学習能力に影響する海馬に集められますので、脳の活動を活性化させる重要な成分とされており、しかもDHAは血液網膜関門も突破できるお陰で視力をよくするための重要な成分だとされています。

 

実際、DHAは網膜の脂肪の40%〜60%を占めていることがわかっています。

 

一方のEPAはいずれの関門も突破できないので神経系への働きはありません。

 

DHAは体内ではEPAからつくられる成分になりますので、EPAをしっかり摂っていればDHAが不足することはないとのことです。

 

EPAは外から摂取しなければどんどん減少していきますので、サプリメントを選ぶ時は、DHAよりもEPAの含有量を見て決めることがおすすめです。

 

サプリメントを利用する上での注意点

 

サプリメントには、食事よりも効率的に「EPAとDHA」を摂取できることがメリットだと言えます。

 

利用する上ではより高い効果を得られるために成分表や配合などを確認することをおすすめします。

 

また、摂取する上で注意が必要な場合もありますので、そういった注意点もしっかり把握しておきたいものですね。そして、2つを同時に摂取することによって相乗効果をもつ EPAは、主に血液に働きかけ、血栓や中性脂肪が体内に蓄積されるのを防ぐ働きが期待できます。

 

一方のDHAには、脳や目の網膜に働きかけることで、記憶力や視力を向上させる働きが期待できることから、EPAとDHAの2つを一緒に摂取することで、より作用する事が期待されています。

 

また、血流の促進やアレルギー予防、精神を安定させる働きを求められるのであれば、一緒に摂り入れる方がその働きをより高めることが期待できるのではないかと思います。

 

サプリメントを活用する場合には、「DHAとEPA]の2つが含まれたものを選びたいところです。

 

過剰摂取については注意する点があります

 

2つとも過剰に摂取すると吐き気や下痢、出血が止まりにくいなどの副作用が出ることがありますので、利用する場合には摂取目安量をしっかり守ることが重要です。

 

普段の食事で魚を食べた場合には「DHA」「EPA]の摂取量には十分気をつけてください。

 

また、血液を固まりにくくする薬や血圧を下げる薬を服用している場合にも過剰摂取には注意が必要になります。

 

EPAとDHAには血行促進作用と血圧を下げる作用がありますので、相乗効果によって出血や血圧が下がりすぎるなどの問題が起こるかもしれません。そこで、これらの薬を服用している方の場合はサプリメントの摂り入れ方については医師に相談することをおすすめします。

 

 

不足しがちなDHA&EPAを手軽に!サラサラ習慣を始めませんか?

おすすめ