青魚に含まれるEPA・DHAは、認知機能維持に好影響を与ます。

青魚に含まれるEPA「エイコサペンタエン酸」とDHA「ドコサヘキサエン酸」は、年齢に伴い下がる認知機能のひとつである記憶力や注意力、判断力や空間認識力を維持すると言われています。

 

※一時的に物事を記憶し、思いだす力を記憶力と言います。

 

脳神経の再生や神経再生作用について

 

脳の内部からは、多くの脳神経を通じて情報伝達がなされてています。EPA・DHAには、脳神経を再生することで、情報伝達の維持をアシストすることになります。

 

神経の保護脳内抗酸化作用について

 

脳内の神経はいくつもの細い管で繋がることにより、情報伝達のための役割を果たしているわけです。EPA・DHAは、脳神経の酸化障害から守る働きがあるといわれています。

 

情報伝達の潤滑油神経細胞の信号について

 

伝達亢進作用脳神経と脳神経の接合部からは膨大な情報伝達がなされており、認知機能維持に関わっています。EPA・DHAは、潤滑油のようなはたらきにより、脳神経間の情報の伝達をスムーズにします。

 

細胞の活性化について

 

脳細胞活性化作用とは脳内に酸素を運ぶ大切な役割を果たす赤血球中のヘモグロビン。EPA・DHA濃さが上がることにより、ヘモグロビンの量が増加して脳細胞が活性化するといわれています。

 

神経の保護作用について

 

アルツハイマー型認知症の発症の仕組においては未だ解明されておりませんが、患者の脳にアミロイド蛋白質βとタウタンパク質がたまっていることが確認されています。

 

EPA・DHAはアミロイド蛋白質βの大脳皮質への沈着を低くする神経保護をする働きがあるといわれています。

 

不足しがちなDHA&EPAを手軽に!

おすすめ