DHA、EPAの副作用について

DHAは安全な成分ではありますが、1日の摂取量で3g(3000mg)を越えた摂取は過剰摂取といわれており、稀に吐き気や軟便、下痢になる可能性があります。

 

そしてサプリメントでDHAを摂り入れる時に違うサプリメントや薬と併用したとしても副作用の心配は見られていませんが、ワーファリン(ワルファリンカリウム)と同時に摂取するのであれば、必ず医師に相談してください。

 

DHAは血液サラサラさせる働きがあることから、ワーファリンと併せて使うことで、血液の凝結機能が落ちてしまうことになり、血が止まりにくくなることがあるのです。

 

EPAの副作用について

 

EPAも安全な成分なのですが、1日の摂取量は1g「1000r」位でといわれています。

 

ですが、1日の摂取量が3g「3000r」を超えて摂り入れ続けていると、吐き気や軟便、下痢の副作用を起こす場合があります。そして、EPAもDHAと同じように違うサプリメントや薬などと併用しても副作用の心配はあまり見られませんが、ワーファリン(ワルファリンカリウム)と同時に摂り入れるのでしたら十分に注意してください。

 

EPAも血液サラサラ効果がありますので、ワーファリンと併用することで血液の凝結機能が落ち、血が止まりにくくなることもあります。

 

DHA・EPAに共通の副作用について

 

魚からDHA・EPAを摂り入れる時は、特に妊婦さんは気を付けるようにして下さい。

 

DHA・EPAを多く含んでいる大型魚には水銀が含まれています。 なので食べ過ぎてしまうと、胎児に悪影響が出るかもしれません。

 

サプリメントから摂り入れる場合はどうでしょうか?

 

現時点、日本で発売されている DHA・EPAサプリメントからは水銀が検出されたというものは存在していません。サプリメントに扱われている魚油の精製途中に水銀は除去されていますので、過度の心配は必要ないといえます。

 

【やわたのDHA&EPA】

おすすめ